「潜入探偵たかけんの猛禽類めぐり 第二弾 鳥のいるカフェ 谷中本店」

ふくろうカフェ

僕もここにいたのだ♪

俺の故郷だよ♪
皆楽しそうにしているからよく見といてくれ。

あ、どうもこんばんは。

たかけんです。

またもやこの企画ですよ。

はっはっはっ。

まさかこんなに早く第二弾やれるとは。

(ブログを更新するのはめちゃくちゃ大変だけどね)

と、いうわけで今回

鳥のいるカフェ 谷中本店

へ行ってまいりました。

バーン

清潔そうな店内ですね。
しゃれた看板。センスの良さを感じます。

この場所を知ったのは実際ここに行ったことのある方にお勧めだという事で教えてもらい足を運んだ次第です(使い回しではない、本当の事だからな。他力本願?何とでも言え。やったもん勝ちだ)

では、中身を確認していきましょう。

ふれあい+ソフトドリンクで1650円です。

おお、清潔ですね。

テーブルはこんな感じ♪

ハリネズミ君とも遊べます。

清潔感ありますね。
餌やりもできます(別途料金かかります)

それでは、実際に歩いてみましょう。

あ、こんにちは白フクロウさん。

このおっさん、焼酎臭えよ。飲みすぎだよ・・

ちょっと猛禽しすぎですね・・・エクストリーム猛禽画像をくらうがよい!!!!

眠たそうですね。

ででーん

ふっ・・

しゃきーん

ツイッターでも使った画像、いいねが多くて嬉しかったので使い回し(ちーん)

と、凄いことになっております。

勿論ですが

触れます、触れられます。拝めます。(またか!!!)

私は、猛禽類は眺めているだけで満足できるのですが触れます(条件あり、詳しくは店頭にて)

それでは、ものすごくふくろうだらけである

ふくろうの館(勝手に命名)へ入ってみた。

ドラクエなら全滅だなこれは・・
多すぎる(笑)

え?ちょ・・・なんだよこれは

多すぎる。

これは、凄すぎて言葉が出ない・・

私は相変わらず3種類以上は覚えられません。

可愛く撮ってね、焼酎先輩♪

と、ここまででも凄いのに

こういう場所もあります。

もうひとつの猛禽へ。

これは・・ゴクリ
かっこよすぎる。
カワリクマタカです。オウギワシに何となく似ていますね。

これ・・・すごすぎでしょう。

この時、余りに興奮しすぎて日本語を喋っていませんでした(CEO様本当にありがとうございました。何言っているかわからないおっさん相手に困惑したと思います。)

店員さんに聞いて見ました。

このふくろうカフェの売りは何でしょうか?

「他のふくろうカフェより数が多くいろんな種類のふくろうと間近で触れ合える。」

だそうです。

これは、凄いですよね。シンプルなお話ですが 本当にその通りなんですよ。

尚、このようなハプニングもある。めちゃくちゃうれしかった。
もう一度この画像を頭に焼き付けておこう

こんなに猛禽なのはないですよ。(意味はありません)

猛禽以外にもインコ等います。

なお、下記写真のワタリガラス君はお迎えが決まり写真を撮らせてもらった日が

お店にいる最後の日でした。

酒臭いおっさんだぎゃー

皆さん、上野付近で遊びに行く際にはこちらのふくろうカフェによってみてはいかがでしょうか。

私は、1か月に1回くらい出没している可能性がありそうで怖いです(にやけているはげかけたおっさんがいたらそれは私です。)

このおしゃれな部屋どこだと思います?(3月29日追加)

尚、グッズも面白いです。

今回買ったのはこちら・・・・

これは・・財布を緩めさせられてしまった笑

好きです 猛禽 このワード壺ですね。

雛の季節について

この可愛さ反則である

これから、6月7月がフクロウの雛がたくさん来るそうです。

どうなるかというと

の部屋に雛がいる状態になるようですよ。

猛禽好きよ、コロナが終息したら絶対行こう。

私が今回行った際にも アフリカオオコノハズク の雛がいました。

これは・・やべー。

可愛すぎる。

アクセス(東京駅から)

東京駅から丸ノ内線で1駅移動大手町で降りる

大手町から根津駅まで

これで大体20分くらい(待ち時間含む)

プラスして駅から歩いて5分

都内に住んでいた場合何と1時間以内で行けます。

これは、素晴らしい。

と、いうわけで今2回目として案内させて頂きました。

店員さんへ

ブログ紹介を快く快諾してくださり有難うございました。

凄く充実した時間を過ごせました。

猛禽類好きに悪い人はいないと勝手に解釈しております。

この鳥のいるカフェの未来を祈って

未来を切り開く

乗り気ではないが、焼酎先輩をフォローする
タイトルとURLをコピーしました