インデックス投資対高配当投資についてかた

投資

るわけないだろうが
-完-

いつものバーナーだよ
吸い込まれるジェットコースター
ヒャッハー

にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村

カラフト劇場第666話(適当)

カラフトA:おい、話数どう考えてもおかしいだろう

カラフトB:確実に扱いが雑だ、最近でなくなったハクトウワシ先輩が裏山

カラフトA:いわゆるリストラ

カラフトB:使い倒されるよりはマシじゃね?

ハクトウワシ先輩:呼んだかのう?(正面からとるなとあれほど・・)

カラフトA:え、いや・・呼んでないです

カラフトB:我々はこの癖ブログの何でしょうか?

ハクトウワシ先輩:尺つぶし

全員:ファッ〇!!

場も冷たくなってきたところで本題に進もうか

酷いスタートだな
マリオカートで言えば
ロケットスタート後即逆走だわw

SFC時代のマリオ―カートの醍醐味は逆走して
CPUにぶつかる事だと思っている人挙手を

・・(冷たい目)

・・(獲物を食べるような目)

・・(達観したような目)

・・(いい加減進行させろという目)

メガンテ(MP消費1)

向日葵:このままだと僕が一番人気になる癖ブログです

場も冷たくなってきたところで本題に進もうか2

何の話だっけ?

インデックス対高配当だよ
じゃあ、意味を書いていくよ

インデックス投資とは

インデックス投資とは、日経平均やTOPIX、S&P500、ダウ平均のような株価指数(インデックス)と同じ値動きを目指す投資方法のことです。 … 現在、世界には1万種類以上のインデックスがあり、日経平均のような株式の市場動向を示すインデックス以外にも、債券、不動産、商品などの市場動向を示すインデックスもあります。

(私のインデックスより引用)

丸々コピペ乙
Taku3さんのブログに色々書いてあるから
見ると良い、さっさとブラウザバックしろ

Taku3の資産形成ブログ
将来息子に伝えたいお金の話を中心に、30代サラリーマン一児の父が気ままに運営するブログ
【現金+全世界株式+持株会】シンプル資産運用の成績を公開【#6】 | Taku3の資産形成ブログ
こんにちは。サラリーマン投資家のTaku3です。 今回は、毎月恒例にしている「現金+全世界株式+持株会」によるシンプル資産運用の成績を公開します。 毎月見てくれてる人はグラフのとこだけ見ていって下さい。あまり変わり映えないので。笑 2020年6月末の時点ではコロナショック以降、かなり株価が回復してきました。 私の含み損...

さすが、癖ブログ
適当すぎますね。

Taku3さんの記事やツイートに書いてあるように
退屈らしい、つまり他の事に注力できるという事だ。
素晴らしいではないか。

そうだな、一方高配当投資ってなんでしょうか?

配当をたくさん出す個別株やETFを買う事
配当金を再投資したり生活費にあてる
配当性向によりリスク有り
ソースは産廃

自分で理解したつもり感
乙乙乙

でさ、インデックスは退屈
高配当は見てないといけないという短所もあるけど
どっちがいいの?

結論:知らんがな(放置)

にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村

ワロタww
と、冗談はここまでにする。
自分のゴールと相談してください
何度もこのブログに登場して
頂いているむたろうさんが方向転換した

大切な部分はどこでしょうか?
わかりますか?

リツイート数といいねの数です(キリッ)

・・メガンテ使って何故か生き返って
困惑するような答えお疲れ様です

ダイソン召喚(MP77消費)

フクロウを吸い込むダイソン永遠の吸引力

むたろうさんのツイートに
おふざけかましたからメガネさん
マジギレしてしまった

(怒)

投資は自分との戦い
ましてや正解など無い。
ゴールがぶれなければ正解だと思っている
むたろうさんのように経験を積んで方向転換する事は
間違いではない。
何故か他人が他の人にお前の投資は間違っているという
暇人ツイートが横行しているがこの流れはいただけない

つまりは
どういう事でしょうか?(答えは出ていますよね)

人様に迷惑かけるんじゃねえ
焼酎、むたろうさんに迷惑かけるんじゃねえ(怒)

いつまでたっても産廃です。
問題ないです。

だが、焼酎お前は駄目だ
もう少しリターンを上げろ
理由?とくにない(鬼)

相手をリスペクトして
お互いを高めましょう。
ハイ、本編終わり

申し訳程度の猛禽要素

最近セブンスターさんが猛禽類にハマってきている(87へえ)

何これ・・

世界の国鳥の本を部屋に取りに行くの面倒になって
今思ったことをぶちこんだなw
じゃあ、終わりです。

にほんブログ村 鳥ブログ 猛禽類へ
にほんブログ村 乗り気ではないが、焼酎先輩をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました