JNJが決算を迎えた上に増配していた、増配率は驚愕の6.6%増配銘柄恐るべし

銘柄について
スポンサーリンク
スポンサーリンク

JNJの決算を今更調べてみた

色々な人が書いているから今更な感じだがな
がっはっは()

酷い文章だな
スピンオフも近いうちに控えているからな。
決算内容少しくらいは見ますかね…()

CNBCを和訳して強引に調べようとしたが無理でした
ニャー()

まずは、大事な部分だけ。
EPS:予想2.59 結果2.67○
収益:予想237.85億 結果234.26億 ×
微妙だな、これだけ見るとミスったとも取れるね。
ブルームバーグ辺りを見てみようか。

J&Jが通期利益予想引き下げ、為替要因で-ワクチン売上高予測停止
米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が19日発表した1-3月(第1四半期)の利益はアナリスト予想を上回った。ただ同社は、為替関連の逆風があるとして2022年通期の利益予想を下方修正。新型コロナウイルスワクチンの売上高予測を停止するとも明らかにした。

米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)が19日発表した1-3月(第1四半期)の利益はアナリスト予想を上回った。ただ同社は、為替関連の逆風があるとして2022年通期の利益予想を下方修正。新型コロナウイルスワクチンの売上高予測を停止するとも明らかにした。 

  通期の調整後利益見通しは1株当たり10.15-10.35ドルと、従来予想の10.40-10.60ドルから引き下げられた。ジョセフ・ウォルク最高財務責任者(CFO)は見通し変更の理由について、通期売上高予想を25億ドル(約3200億円)押し下げた為替要因にあると説明した。

ブルームバーグより引用一部太字

売上高は234億ドルで、アナリスト予想をわずかに下回った。同期のワクチン売上高は4億5700万ドルと市場予想の7億8470万ドルを大きく下回った。ウォルクCFOは昨年10-12月決算の発表時に、2022年のワクチン売上高は30-35億ドルを見込むと述べていた。

ブルームバーグより引用一部太字

ワクチンの売り上げが3億予想より下回ったのか…
日経を見たら供給過多や新興国がワクチン接種をためらうのが要因とか…

世界的な供給過剰や発展途上国で接種をためらう動きが出ている影響で、ワクチン需要は厳しい状況にある。開示中止により、投資家は主力事業に焦点を当てることができる

日経新聞より引用

ワクチンの売り上げを予測停止にして他に焦点をあてると…
明確なものに注力するという事か…
部門別はコチラ

同日発表した22年1~3月期決算は、売上高が前年同期比5%増の234億ドル、純利益は17%減の51億ドルだった。部門別売上高では主力の「処方薬」でがん治療薬などが伸びて6%増、手術用医療器具などを扱う「医療機器・診断器具」は6%増だった。一方、日用品や市販薬を含む「消費者向け」は2%減となった。解熱剤の「タイレノール」などが伸びた一方、化粧品では供給制約による原料不足などが響き、売り上げを押し下げた。

日経新聞より引用
米J&J、22年通期下方修正 ワクチン売上高の開示停止(写真=ロイター)
【ニューヨーク=野村優子】米日用品・製薬大手のジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)は19日、2022年12月期の売上高が前期比4~5%増の948~958億ドル(約12兆2000億~12兆3500億円)になるとの見通しを発表した。従来予想から11億ドル下方修正した。インフレに伴うコスト高や供給制約などが響く。需要の低...

まとめると
①EPSはさすがの到達
②売上が未達なのはワクチンの売上が大幅にダウンの為
③通期予想売上は為替の影響でコスト、人件費等が重なる為下方修正
10.15~10.35ドルになるそうです。(従来予想は10.4~10.6ドル)
為替レートとインフレとウクライナ情勢で原材料が高騰で通期は危ない

とはいえこの銘柄の強さは説明不要ですね。
安心してホールドできるわ。
既存の医薬品等が強いのと
なによりミッションステートメントが守られている限りはね。

「我が信条(Our Credo)」にまつわるエピソード
ジョンソン・エンド・ジョンソンのたゆまない歩みの礎となり、絶えず適切な方向へと導く源泉となってきたものが、ジョンソン・エンド・ジョンソンのコア・ バリューである「我が信条(Our Credo)」です。ジョンソン・エンド・ジョンソンの企業理念・倫理規定として、世界に広がるグループ各社・社員一人ひとりに確実に受け継がれてお...

第1に顧客
第2に社員
第3に社会
最後に株主か。
コレが守られてきたからこそ今があるんだね。

決算が終わったところで次は衝撃的な増配の話題を。

四半期配当が1.06→1.13に…増配率6.6%

JNJのホームページで確認しました。
次の配当から1.06→1.13に…
以前0.05ドルの増配だろうと予想していた記事がありました。
さすが癖ブログ余裕で外すスタイルー()

これは結構変わって来るね。
今の為替が128.5円、1.13ドルもらえると
128.5×1.13×80株を大体税金ひかれた後の0.7でかけると…
8131円
今までが128.5×1.06×80を0.7でかけると…
7627円
増配分で504円手取りが増えます。
これは美味しいですな、今年だけで1500円増えると!!

増配前

増配後

来年以降今より2000円増えるのはウマー(今の為替レートの場合)
連続増配株の醍醐味がこれですな。

スピンオフについての不安はあるが保有し続けます。

医薬品・医療機器事業とコンシューマー製品事業の2つに
同社を分割する計画は有実行されるでしょうが
持ち続けます、このブログの2番目に読まれている記事です()

リスクも利益率も高い医療事業と
成長事業で劣るコンシューマー部門(一般消費者向け)
バンドエイドとかはスピンオフ先という事になりますね。

一般口座になったとしても配当金にかかる税金は控除されるので一安心
スピンオフした事で株価がどうなるか…
最後に今の株価を見てみよう。

この地合いで年初来プラスは凄いですね。
流石ディフェンシブ株。
ちょっとずつ割高になっていますが拾える時に拾います。

調べてみて優良株を保有する事が大切だと思いました。
それでは、また次の記事で。

\ぶろぐ/\しょうちゅう/ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

\しょうちゅう/\ぶろぐ/ʕ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ•̫͡•ʕ•̫͡•ʔ•̫͡•ʔ

癖の強い猛禽類をフォローする()

コメント

タイトルとURLをコピーしました