Twitterでバズった(個人的に)ので原点に返るこのツイートを解説してみる。

癖の強い雑談
スポンサーリンク
スポンサーリンク

まさかの1500いいね超えという予想だにしなかった展開。

今年に入ってからツイートに対して大分いいねが付くようになりました。
7月に入金力問題についてツイートしたところ
これもヒットしました。
この記事については我々の記事より
不燃ごみさんが執筆してくれたこの記事を見た方が有益なので
ご紹介します。
不燃ごみさん、いつもありがとうございます。

【第51話】入金力差別問題について|共働き夫婦がサイドFIREを目指すブログ
こんにちは、不燃ごみ(@miiiiiiriiiim)です。 本日はですね、先日ある方のツイートを見て色々思うところがあっ

今回ヒットしたツイートはコチラです。

目的と手段をはき違えてはどこまで行っても不安しかないと思う。

あー…(たかけんって誰?)

え、ええ…(たかけんって誰?)

脱線しそうなので私が解説します。
昔からお金が好きだった、まあ精神が未熟だった
焼酎さんがお金にがっついていて
100万という大金を貯めた暁には見える景色が変わると思った。
そんな苦い思い出をツイートの前半にまとめました。
ずっと人の金銭事情を気にしていましたね(苦笑)
今思うとちょっと幼すぎるでしょうと思います。
まあ、それだけお金に取りつかれていたのでしょう。

そんな奴が資産形成を始めたのが2015年
400万からのスタートだった、そこから必死になって1000万を貯めた。
そして、2018年10月遂に初めて1000万を超えた。

当時、達成感でこみあげるものはありました。
だけど、何かが変わったかというと何も変わっていなかった。
そこから、「え?どこまで貯めるレースは続くんだ…」と
ある一種の恐怖すら感じました。
数年たってお金を目的にしていたことに気が付き始めたのです。

〇〇する為にいくら貯めるという目的がある。
気が付いたらいくら貯めるだけが残り
やがてお金を貯めるのが目的になってしまった
こういった経験はありますか?
焼酎自身何度か経験があります。

お金は人生を豊かにするためのツールにすぎない

お金では世界は変わりませんでした。
1億あったとしても何に使うか何をするか
そして、お金を使う上で生きたお金を使える人間にならないと意味が無い
そう思っています。

お金を目的にしたらお金に嫌われる事になると思うの。
そんな気持ちの人間にお金が集まるとはとても思えないし。

そんなわけで今は自分のやりたい事や
使いたいと思う事、なりたい自分に近づく為の練習だと
思っています。

今の資産を扱う人間としてどういった事にお金を使うべきか
そして、資産を持つ資格がある人間に近づく為の
練習期間だと考えています。

今は最終目的が決まっていない、だったら目的が決まった時に迷いが無く突き進んでいきたい。

お金を目的とせずしっかりとした理由で使いたい
ただそれだけです。
そうする事により人として一歩成長出来ると思うのです。
ゴールに何が見えるのかはわかりませんが進むだけです。

どうなるのかは神のみぞ知るか…
が、ある程度は自分で修正できる。
お前の行く先はどこだい?
そんな気分です。
40のおっさんがどこに行きつくのかは
今後判明します。

最後にTwitter運用で影響を与えた二人をご紹介します。

このツイートはこの2人がいたからこそ
あったのだろうと思っています。
1人目はTwitter運用で大きな力になったテツさん
土台が出来上がったのはテツさんの力があったから
そう思っています。

2人目はTwitter運用の次の扉を開いてくれた
こんさんです。
ブログ記事と当時出会ったTwitter界の最強の女王(名前は伏せます)に
衝撃を受けました。
この頃から将来が楽しみな若い雄とSNSで会う事が増えましたね。
こんさんの記事からTwitter運用のヒントを得ました。

【祝】Twitterのフォロワー5,000人突破しました!!!<後編とTwitterを伸ばすコツをお届け> - KONの株価分析ブログ
こんにちは、こんです! 今回は前編の続きです。 まだ読んでない方はこちら ・【祝】Twitterのフォロワー5

結局焼酎さんが素晴らしいフォロワー様に恵まれているのも
テツさんとこんさんのおかげと言っても過言じゃないし
不燃ごみさんや素晴らしいブロガー様
柴犬運送や相互ブロガー様たちに会えたのもご縁です。
一つ一つの出会いを噛みしめて進んでいきます。

これからもどうかよろしくお願いします。
焼酎飲みすぎて手元がふらついています。
では、次の記事で。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村 Twitterでスタバなうしか呟いていないおっさんをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました