猛禽分析 1 イヌワシ

イヌワシについて分析してみました。

(引用元:世界で一番美しい鷲の図鑑、ウィキペディア、BIRDER(バーダー)2月号より抜粋しています)

イヌワシのステータス

英名 Golden eagle

体長   66-102cm

体重 オス2.5-4kg

   メス 3.25-6.35kg

翼開張時 183-230cm

時速 240km

握力 人間の8倍 約100㎏らしいです。(ライオンより上)

生息地

北半球各地、ヨーロッパ(スコットランド、スペイン、アルプス山脈、バルカン半島)

アジア(ロシア、中国、日本)

北米(メキシコ、米国西部、カナダ各地)

トルコ、コーカサス山脈、ヒマラヤ山脈

中東、北アフリカ

等の高山に生息しています。

亜種

6種類

狩りの手法

上空から飛行して襲い掛かる(その際に、視線を地上に向けて飛んでいる為即座に捕食出来る様にしている)

丘陵の外れの低い場所から機会を見て獲物を追い出してさらったりする。

鉤爪使用時は相手に馬乗りになり押し潰す

捕食動物

主にウサギ、マーモット、ライチョウ

ヤギ等も捕食する、死肉を食べる事も確認済

天敵

日本ならクマタカ

共通して、一番は人間

繫殖系統(縄張り等含む)

繁殖行動

上昇下降を繰り返すスカイダンスという行動を行う

繁殖

1度に2個卵を産む

41-45日で孵化

巣立ちまで75日

3か月位親鳥から飛び方を学ぶ

巣立ちまで

長いと1年くらいかかる

成鳥するまで

4-5年

尚、雛同士が殺しあうため生き残るのはほぼ1羽のみ。

親鳥は敢えて2匹生き残った場合

殺し合わせる・・

動画で見たが衝撃が走る映像だった・・

寿命

約30年

縄張り

約200km2

生息数

6-10万組位

生息する国によって個体数がまちまち

人間との関係

家畜を食べる害鳥とみなしていた為、無差別に個体を減らされた経歴がある。

殺虫剤、生息地減少の煽りを受けている。

また、直近では個体数を減らしているためレッドリスト

に載っている

レッドリストでは低懸念

こんなところですね。

それでは、ちょっと所感を書いていきます。

何でイヌワシを載せたのか

イヌワシって、私の中で鷲では最もメジャーな鷲だと思っています。(今はですけどね)

ほとんどの方が知っているはず

私は、知りませんでした(本当です)

ハクトウワシは知ってましたが・・

詳しく知らなかったので載せてみました。

皆様は知っていましたか?

日本だとどこで見れるの?(亜種含めごちゃまぜ)

関東だと、多摩動物公園、千葉動物公園、那須どうぶつ王国ですね。(見に行く前にお問い合わせをしてください。)

多摩動物公園の猛禽エリアは圧巻です。

お奨めです。

野生で見るのは難しいかもしれませんが、高山の環境の場所で見れるみたいです。

一応画像と動画

千葉動物公園にて

画像の方も、もう少し頑張ります・・

他に掲載したい猛禽類日本にいないんだよね・・画像どうしよう・・

まとめ

第一弾はイヌワシでした。

今回、荒削りで内容もまだまだ薄いと思いますがこれでリリースしました。

力強い飛翔と惹きつける猛禽類特有のたくましさ、遠くから見ていたいですね。

それでは、また次回。

乗り気ではないが、焼酎先輩をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました